岡山でパッシブハウスの新築一戸建てをお探しの方は | 有限会社上西建設

086-265-7465

営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休

086-265-7465

営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休

パッシブハウスとは

機械に頼らず、太陽光、地熱、風といった自然エネルギーをそのまま利用し、今よりも省エネかつ快適な住まいづくりをしようとする設計思想・手法のことを言います。
自然エネルギーを上手に活用し、冬には家全体が暖かく、夏にはすずしくするため、電機やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な生活を実現することができます。
パッシブハウスとは、モノに頼らず住まいそのものが快適性を高めます。

パッシブハウスとは-画像

  • 快適な環境で
    暮らせる
    エアコンなどの利用を最小限にすることができ、湿度、温度が安定し、夏の帰宅時の暑さや冬の朝のつらさのような暑い、寒いの不満を解消できます。
  • 健康で安心な
    暮らしが出来る
    エアコンなどの利用を最小限にすることができ、湿度、温度が安定し、夏の帰宅時の暑さや冬の朝のつらさのような暑い、寒いの不満を解消できます。
  • 省エネで経済的にうれしい!
    電気・ガス・灯油等の家庭エネルギー削減も期待でき、自然の光や風を取り入れて快適かつ健康に暮らしているのに、省エネで環境にも優しい暮らしを可能にします。

パッシブハウスにおける
5つのデザイン

  • 断熱
    断熱性能を高めると、建物全体の保温性能が向上されることで様々な大きなメリットを与えてくれます。
    逆に一定の断熱性能が確保されないときのデメリットがとても大きいため、建物に一定以上の断熱性能を組み込むことが必要となります。
  • 日射遮蔽
    断熱性能を高めると夏涼しくを実現するために何より重要なのがこの日射遮蔽です。
    特に「断熱性能(保温性能)」を高めていくと、「夏の室内が暑くなっていく」という現象が起きるのですが、この問題を解消するには日射遮蔽のデザインをしっかり考えることが何より重要です。
  • 自然風利用
    室内に風を取り入れ、体に風を当て涼しいと感じる効果を取り入れつつ、建物の中に溜まった熱を排出させる効果もあります。
    この自然風利用においては「立体通風」「ウィンドキャッチャー」などの技法を使い建物の中での風の流れを予測しながら窓の配置や大きさを考えることを基本に、外の風を取り入れます。
    ポイントとして、「外気温が低い時に風を取り入れる」と効果的ですので、真夏であれば夜間に、その前後であれば日中も夜間も風を取り入れるようにすると効果的です。
  • 昼光利用
    昼間に太陽光をそのまま光として利用し、人口照明に頼らず室内を明るくし、自然光による快適な明るさを実現させるを目的としています。
    居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計します。また、1階南面から採光が難しい場合には、吹き抜けなど様々な手法があります。
  • 日射熱利用暖房
    冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を主に夜間に暖房として使う手法です。
    このときに重要になるのが、日射熱を採り入れる「集熱」、入った日射熱を逃がさないための「断熱」、入った日射熱を蓄えておく「蓄熱」の3つのデザインをしっかり考えることです。この3つが高いレベルで実現できれば、快適性と省エネルギー性が極めて高い建物になります。

岡山でパッシブハウスを建てるなら
上西建設にお任せください

28年以上の経験と実績から得た確かな技術力

私たち「上西建設」は、「和笑(なごみ)の家シリーズ」を筆頭に、自然と共存する家づくりを目標とし、多くのお客様から信頼を頂いてまいりました。
28年以上の経験から得たノウハウ、技術で、パッシブハウスの家づくりの考え方に賛同し、積極的に取り組んでいます。
住まいには便利な機能ももちろん必要なことですが、それよりも居住するご家族の健康を優先することが、私たちの努めなのです。

地域密着型の工務店だからこそ出来ること

大手ハウスメーカーでは、効率的に大量生産するために一律の仕様を用いがちな傾向があります。
パッシブハウスは、ひとつのモデルハウスを作り、その通りに他も作っていけばいいとはなりません。その地域の暮らし、風土、気候などに合わせてパッシブハウスにおける5つのデザインのバランスを考えることが重要となります。
当然地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきますし、.その地域に暮らし、風土や気候を一番よく理解しているからこそ本当のパッシブハウスが出来るのです。

安心のアフターメンテナンス

私たちの仕事は、家をつくったらそれで終わりではありません。
地元岡山の皆様への貢献を欠かさないためにも、注文住宅とリフォーム・リノベーションのエキスパートが揃った「上西建設」は、自らの施工に対して絶対の責任をお約束します。
新築のお客様には、お引渡し以後、半年、1年、3年、5年、10年のタイミングで定期点検させていただきます。
とくに3年、5年、10年の定期点検時には入念なフルチェックをして、同時に建物を維持するための計画的なメンテナンスのアドバイスを行い、お客様の暮らしを守ります。

パッシブハウスの
定義と基準

パッシブハウスとして認定される条件

  1. 1.冷暖房負荷が各15kwh/㎡以下
  2. 2.一次エネルギー消費量が120kWh/㎡以下
  3. 3.気密性能として50Paの加圧時の漏気回数0.6回以下

パッシブハウスとして認定を受けるには以上3つの基準を満たしている必要があります。
見慣れない指標のため感覚がつかみにくいかとは思いますが、具体的に採用される構造例から通常の住宅設計では考えもしないところまでカバーして初めて達成できるパッシブハウス基準の次元の高さがお分かりいただけるかと思います。

構造例

  • 断熱材の厚さ30cm
    外壁の断熱性能として0.15W/m2・K未満であることが求められます。
    これは断熱材の厚さにすると30cm以上となり、外壁や内壁の厚さを加えるとさらに40~50cmというスペースを必要とします。
    日本の住宅は壁の厚さが15cm程度といった建物が多く、実に3倍程度の壁の厚さが必要となります。
    日本では居住部の広さが限られていることが多く、物質的なハードルが高い基準と言えるでしょう。
  • 窓はトリプルガラス、サッシにも断熱材
    日本でも寒い地方では窓が二重になっていることがあります。
    しかしパッシブハウス基準レベルを達成するにはさらに、間にアルゴンガスを充てんしたガラスを三重にする必要があります。
    サッシにも断熱材を使用し外気の侵入を防ぎます。
  • 換気は熱交換換気システムを使う
    日本ではあまり普及していない「熱交換換気システム(熱回収率75%以上のもの)」という装置を標準装備することが求められます。
    この「熱交換換気システム」は、室内からの空気の温度を使って外から取り込む空気を温める、冷やすといった働きをすることで、換気による熱交換を最小限に抑えるものです。
  • 給湯方法は省エネ仕様も考慮
    ネックになりがちな給湯関連のエネルギーですが、大きなバスタブに横たわる癒しをあきらめない納得の家づくりのために出来ることがあります。 近年はエネファームや太陽熱温水器の価格も低下してきており、省エネで費用対効果も高い機器の導入可能となっています。そのため入浴とパッシブハウス基準、どちらのニーズも満たす家を作ることができるのです。

今も、ずっと先も続く心地よさ
生涯コストを考えた家

住宅によって実際の光熱費出ることをご存知ですか?

はじめての家づくり。
建物費用だけについ意識をとられがちですが、暮らしていく上でかかる光熱費も含めた生涯コストを考えることを私たちは大切にしています。

私たち上西建設のパッシブハウスでは、太陽熱や風、地熱といった自然エネルギーを活用した、夏は涼しく冬は暖かい家を目指します。そのためエアコンなどで必要なエネルギーを削減する仕組みや、昼間に太陽光を利用して人口照明に頼らない、自然光による快適な明るさを実現させる仕組みなどで省エネ=光熱費削減にもつなげることができます。

上西建設では家を建てる前に光熱費のシミュレーションが可能です。
1度きりの家づくりが、これから何十年も続く生活の基盤となるのです。
マイホームを建てる前に、イニシャルコストとランニングコストをトータルで把握できると安心ですね。

生涯コストを考えた家 画像01

住宅仕様による「建築費用」と「光熱費」の比較
仕様 一般住宅 省エネ住宅 パッシブハウス
一般住宅 画像 省エネ住宅 画像 パッシブハウス 画像
断熱材 グラスウール ロックウール ウレタンフォーム吹付
サッシ アルミ製サッシ+ペアガラス アルミ製サッシ+LOW-Eペアガラス アルミ樹脂複合サッシ+LOW-Eペアガラス(樹脂製サッシ+トリプルガラス)
換気
システム
第三種換気システム 第三種換気システム 第一種換気システム
仕様
一般住宅
一般住宅 画像
断熱材
グラスウール
サッシ
アルミ製サッシ+ペアガラス
換気
システム
第三種換気システム
仕様
省エネ住宅
省エネ住宅 画像
断熱材
ロックウール
サッシ
アルミ製サッシ+LOW-Eペアガラス
換気
システム
第三種換気システム
仕様
パッシブハウス
パッシブハウス 画像
断熱材
ウレタンフォーム吹付
サッシ
アルミ樹脂複合サッシ+LOW-Eペアガラス(樹脂製サッシ+トリプルガラス)
換気
システム
第一種換気システム
建築費用

建築費用グラフ

よくあるご質問にお答えいたします
Q&A

  1. 相談や見積もりに手数料は必要ですか?
    いいえ、すべて無料です。また相見積もりも、どうぞお気兼ねなく。
  2. 家のローンの相談もできますか?
    当社では、一般的にローンが難しいとされている方のご相談も承っております。
    詳しくは、以下のページをご覧ください。
  3. 対応エリアはどのあたりになりますか?
    実質、岡山県内で承っておりますが、そのほかの地域の方も一度ご相談ください。
  4. ホルムアルデヒドなど、化学物質は扱ってないか心配です。
    当社はすべて自然素材で家を建てることをモットーとしております。
    詳しくは、以下のページをご覧ください。
  5. 土地探しからお願いしたいのですが、可能ですか?
    当社では土地探しから、アドバイスさせていただいております。
    詳しくは、以下のページをご覧ください。
  6. 自己資金(現金)が足りないのですが、家は建てられますか?
    自己資金のない方でも、家を建てることは可能ですので、ぜひご相談いただききたいと思います。
    詳しくは、以下のページをご覧ください。
  7. 契約時に支払った手付金等、もし住宅ローンが受けられなかったら戻りますか?
    もちろんです。
    しかし、当社に前もって住宅ローンをご相談いただければ、そのような問題はありません。
  8. 建築中、職人さんのお世話やトイレなどは必要ですか?
    いいえ、当社がすべてケアしますので、施工主様はどうぞお気づかいなくいただければと 思います。
  9. 建築後の固定資産税が知りたいです。
    提携している税理士さんがおりますので、税務に関しても事前の打ち合わせのときに相 談可能です。
  10. こちらの考えと違うものができたりしませんか?
    当社では綿密な事前打ち合わせに加え、実際の設備の写真紹介はもちろん、
    現場見学など、実物もできる限りご覧いただき完成時に相違がないよう、万全の体制を 整えております。

上西建設について
会社概要

代表挨拶

皆さま、こんにちは。代表の上西良和です。木造建築の施工から創業した1990年以来、おかげさまで25年以上にわたり地域の皆さまとともに発展してまいりました。現在では、関係各社との協力体制もより強固になり、お客様の信頼とご満足を第一に考えた、独自のシステムを構築しています。

私は、お客様にとって「住まい」とは何なのだろう……ということを、ずっと考えてきました。そして、「お客様にとって、家は大切な財産。安心・安全で健康に住むことができる住まいを提供しなければならない」と言う想いにたどり着きました。お客様と出会い、家づくりに携わり、そして“お引渡しの日”に「最高の笑顔」を頂戴かないますように、心を込めてお手伝いをさせていただきたいと思っています。

『住まい』はお客様にとって、特別なことであることを深く心に受け止め、この建築というステージに、ずっとずっと携わって行きたいと強く願います。

(有)上西建設 代表取締役  上西良和

代表写真

社長取得資格
  • 二級建築士
  • 宅地建物取引士
  • 一級建築施工管理技士
  • 一級エクステリアプランナー
  • ブロック塀診断士
  • 岡山県木造住宅耐震診断員
  • 既存住宅状況調査技術者

会社概要

会社名
有限会社 上西建設
連絡先
〒702-8033 岡山県岡山市南区福富東2丁目5-16
電話
086-265-7465
FAX
086-265-9988
設立
平成14年12月3日
代表取締役社長
上西 良和
資本金
300万円
事業内容
  • 1.総合建設業
  • 2.宅地建物取引業
  • 3.外構工事
  • 4.太陽光発電システム設置工事(施工ID取得)
  • 5.リフォーム・リノベーション工事
登録・許可
  • 建設業許可番号:岡山県知事許可 (般-25) 第21376号
  • 二級建築士事務所:岡山県知事登録 第6316号
  • 宅地建物取引業者免許番号:岡山県知事 (2) 第5293号
第三者保証
  • 株式会社 住宅あんしん保証 事業番号0056732
  • ジャパンホームシールド(株)  第22123号
取引銀行
  • おかやま信用金庫
  • トマト銀行
営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休

アクセスマップ

沿革

1990年 8月
上西建設 起業
2002年 12月
有限会社 上西建設として法人化

お気軽にご連絡ください
お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お名前※必須
お名前(ふりがな)
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ内容

プライバシーポリシー

pagetop